【諏訪旅フォト桜特集】高島城、横河川の桜アーチ……諏訪湖周辺は花吹雪の季節

諏訪エリアも先週から急激に暖かくなり、足踏みしていた桜前線が一気にやってきました。

少し前までつぼみも見えておらず、「今年は開花が遅いかな?」と思っていましたが、咲きはじめるとあっという間! 諏訪湖周辺は先週末の段階で満開から早くも葉桜の季節に入っていました。

高島城は桜のお城に

諏訪湖周辺の桜名所のひとつ、高島城公園は先々週はまだまだこれからといった様子だったのですが、先週末はもう散り始めに。お堀や池を花びらが染め上げていました。

高島城の桜(2022年4月16日撮影)

花が散りはじめ、お堀が花びらでピンク色に(2022年4月16日撮影)

全体としてはピークを少し過ぎたくらいでしょうか(2022年4月16日撮影)

ただ、高島城公園はいろんな種類の桜が植えられており、葉桜になっているものもあればちょうど満開というものもあり、いろんな人が春の散歩を楽しんでいました。

華やかな春の雰囲気でした(2022年4月16日撮影)

ちょうど満開の桜も(2022年4月16日撮影)

横河川の桜アーチは春のお散歩スポット

岡谷市の桜名所、横河川も先週末は見事な景色に。

横河川の桜アーチ(2022年4月16日撮影)

河口から約4kmにわたって横河川の両岸に桜が植えられており、春のこの時期には川にかかるアーチのように花が咲きます。

こちらも早くも葉桜の季節に(2022年4月16日撮影)

全体としては賑やかで、桜を楽しむ人も(2022年4月16日撮影)

こちらも週末はいろんな人が写真を撮ったり散歩したりして楽しんでいました。

諏訪湖畔では桜のじゅうたんを歩いたり走ったり

諏訪湖周辺も花吹雪の季節。こちらも週末は湖畔の道を花びらのじゅうたんが彩っていました。諏訪湖畔はランニングコースも整備されており、桜のなかを走る人も。

諏訪湖畔の桜(2022年4月16日撮影)

花びらが湖畔の景色を彩っていました(2022年4月16日撮影)

満開の桜もちらほら(2022年4月16日撮影)

桜前線は諏訪湖周辺を通過し、これからは高原エリアへ。蓼科や原村、富士見町といった標高の高い地域もそろそろ桜の季節を迎えそうです。

SPOT INFORMATION

高島城・高島公園

慶長3年、豊臣秀吉の家臣、日根野高吉により築城された高島城。完成当時は諏訪湖の湖水と湿地に囲まれ、諏訪湖上に浮かぶように見えたことから「諏訪の浮島」と呼ばれました。
高島城公園内には、ソメイヨシノを中心にシダレザクラ、ヒガンザクラ等の桜が約90本あり、桜が満開になると高島城をより華やかに魅せ、公園一帯がピンク色に染まり魅力が一層増す。
特に桜が満開になる4月中旬は、花見を目的に多くの方が訪れており、桜の下での宴会するグループ、地元の和菓子とお茶で散歩やひと休みする方、満開の桜と高島城をさまざまな角度から撮影するアマチュアカメラマンなど高島城の桜に魅せられたファンで賑わう。
写真ポイントは、堀の外側の冠木橋の手前から高島城に向かっての場所がオススメ。
また、桜の花が散ったあと5月中旬、樹齢130年を超えるフジが見頃を迎えます。

住所
長野県諏訪市高島1-20-1
電話番号
0266-53-1173
営業時間
9:00〜17:30 (10/1から3/31は16:30まで)
公園内はいつでも入場できます。
休館日
12/26-12/31
(その他臨時休館あり。HPをご確認ください)
料金例
高島城入場料
大人 310円 小人 150円
(高島公園は無料)
交通
電車:JR上諏訪駅下車 徒歩10分 自動車:中央自動車道諏訪ICより15分
詳細ページ
https://www.suwakanko.jp/point/takashimajo/
       

日付の近いイベント

       

このエリアの最新ニュース