信州諏訪神宮寺 諏訪神仏プロジェクト 諏訪信仰と仏たち 諏訪寺院由来仏像一斉公開

150年ぶりだね 諏訪の神様と仏様の再会

諏訪信仰と仏さま

諏訪の地には、古代から続く諏訪神社と
その信仰が根付いてきました。

もともとは土地に根付いてきた神様と、
大陸から伝来した仏教の仏様は別のものでした。

それが、今から1200年ほど前、
神様と仏様が融合する神仏習合という信仰が生まれ、
やがてこの諏訪の地も伝わります。

やがて諏訪でも神様は仏様と一体となり、
その信仰は文化や風習など、
人々の暮らしと深く結びついてきました。

しかし、明治時代を迎えたとき、
一体となっていた神仏の信仰を「神仏判然令」により
神様と仏様が別々の道を歩むことになります。

1000年間の文化の礎がわずか150年前に
激変を遂げたのです。

このプロジェクトは諏訪の地で育まれた神様と仏様が
共存したかつての姿を振り返るものです。

色とりどりの文化を楽しみ、それを魅力へと昇華し、
この地の未来を拓くと共に、
今をより良く生きるヒントを見つける。

そんな巡礼を楽しんでください。

開催概要

諏訪信仰と仏たち〜諏訪上下社神宮寺由来仏像一斉公開〜
(略称:諏訪神仏プロジェクト)

開催期間:
2022年10月1日(土)〜11月27日(日)
会  場:
諏訪地域社寺25箇所、
諏訪市博物館、
下諏訪町立諏訪湖博物館
内  容:
諏訪社神宮寺由来の仏像等の一斉公開
博物館等における特別公開展の実施