井戸尻考古館に咲く『古代ハス』(7月)

お花大好き!!のだオバさんが向かったのは…

長野県富士見町にある『井戸尻考古館』さん。(2018.7.8)

めっちゃキレイな景色✨

ここに、貴重な『古代ハス(大賀ハス)』があるという…

人生初の『古代ハス』ワクワクっす!

※『大賀ハス』古代ハスのことです。

うおぉ〜ピンク色が可愛いねぇ〜^_^

<古代ハス(大賀ハス)の由来>

戦後まもなく千葉県の遺跡で見つかった2000年以上前のハスの実を、植物学者・大賀一郎が発芽開花させたもの。そこから根分けされた株は、現在各地に広がり育てられている。

縄文人もこんなキレイな花を見ていたんでしょうか?😊

そしてコチラは…スイレンね…きっと。

…うーんと…分からない(-。-;

花に癒された1日✨

http://userweb.alles.or.jp/fujimi/idojiri.html

関連記事

のだオバさん。

放送作家。夢で「諏訪大社に行け!」と言われたのを真に受け、長野県茅野市に移住^_^余所者の目線を通して、諏訪・八ヶ岳エリアの魅力を発信!花好きから「あいつオジさんのくせに、オバさんっぽいな」と言われ『のだオバさん』に…。天然の妻・フリーアナウンサー谷岡恵里子は相当ヤバい(笑)
https://peraichi.com/landing_pages/view/noda/

 

SPOT INFORMATION

井戸尻考古館

住所
長野県諏訪郡富士見町境7053
電話番号
0266-64-2044
営業時間
午前9時~午後5時
定休日
月曜日・祝日の翌日・年末年始
(祝日は開館します。祝日が月曜日の場合は開館、その翌日が休館となりますので、ご了承下さい。)
料金例
入館料
大人(高校生以上) 300円(一般)
240円(団体)
小人(小・中学生) 150円(一般)
120円(団体)
※ 団体料金は20名以上、富士見町歴史民俗資料館と共通。
詳細ページ
http://userweb.alles.or.jp/fujimi/idojiri.html

日付の近いイベント

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

諏訪みやげ Vol.2
諏訪まちごはん