『Berry Farm 原村の清水さんち』無農薬ブルーベリーはじめ最大6種類のベリー摘み取り体験! カフェでランチ&スイーツも(原村)

☑️ 無農薬で育てられたブルーベリー、甘酸っぱくて美味しいです!
☑️ ベリーパラダイス!グーズベリー・シーベリー・ラズベリーなども食べ放題!
☑️ インスタ映えする、ベリー盛り沢山の究極ワッフルもオススメです!

諏訪エリアは、車を少し走らせれば果樹園に行けるのも魅力の一つです。
ということで、この時期しか楽しめない『ブルーベリー狩り』に行ってきました。ブルーベリーだけじゃなく、初めて見るグーズベリー・シーベリー・ラズベリー・カシスも食べ放題! 子どもも大はしゃぎでした〜とても楽しかったです!

ブルーベリーはじめ、いろんなベリーを食べまくり! 楽しみ方をご紹介します。

伺ったのは、長野県諏訪郡原村にある『Berry Farm 原村の清水さんち』。無農薬で育てられた最大6種類のベリー摘み取り体験や、ジャム・カシス酒づくりなどのワークショップ、併設するカフェでランチも楽しめます。
※季節によって摘めるベリーの種類は変わります。

それでは、ベリー摘み取り体験&食べ放題の流れをご紹介します。

入園

果樹園に併設するカフェ前に駐車し、オーナーご夫妻に人数をお伝えします。
料金は時間制限なしの食べ放題で、ひとり500円(乳幼児無料)です。お安いですね!

ベリーベリーカフェ入り口

僕たちはベリーの持ち帰りもしたかったので、200~250g入るパックを一つ500円で購入しました。(料金は体験後の支払いです)
その後、オーナー清水さんといくつかある果樹園を回り、摘み方を教えていただきました。

オーナーの清水さん

さぁ〜いよいよベリー摘み放題&食べ放題です!ワクワクしてきました〜♪

ブルーベリー農園

カフェの横にブルーベリー農園があります。

うぉ〜愛しのブルーベリーです!
50種類ものブルーベリーがあって、「色々な味、香り、食感の違いを味わうことができます」と、パンフレットに書いてありましたが…のだオバさん(僕)には、見分けられそうにありません。でも良いんです! 甘くて美味しければ(笑)

ブルーベリーはこれからがシーズン、まだ熟していない実もあります。色の濃い紫色の実を選んでいただきます!

うん! 甘酸っぱくて美味しいです!
ブルーベリーの色を見ながら、「これは甘そう!」と選びながら食べるのが楽しいです。たまに外れて酸っぱいのもあります(笑)

あっ、写真を撮ることに熱中しすぎて…子どもの様子を見ていなかった…。甘いブルーベリーを選んで食べているでしょうか?

愛斗! それはまだ熟してないけど…

美味しい…のかな!?
熟した実を教えて渡していましたが、なぜか愛斗が摘むのは緑色のブルーベリーばかりでした(笑)でもこんなにもブルーベリーが好きだったなんて! パパは嬉しいです。
よし! 次はラズベリー摘みに行きましょう。
※ブルーベーリーの食べごろ:7月中旬〜8月中旬

ラズベリー農園

ブルーベリー農園の道を挟んだ向かいにラズベリー農園はあります。
品種は、“赤い宝石”と言われている『インディアンサマー』と、黄色の『ファールゴールド』です。

赤く熟したのを選んでいただきます。うん! 程良い甘味と酸味が美味しいです。幼少期に食べた木苺を思い出しました。

こちらはファールゴールド。インディアンサマーより甘く感じました。美味しい〜♪これ好きです。
愛斗はちゃんと甘いの選んで食べているかしら?

そ、それは、まだ熟してないけど…食べるのね…

美味しそうに食べていました!
家でもレモンを丸かじりしますので、酸っぱいのが好きなのかもしれませんね。
よし! 次はグーズベリー農園に行きましょう!

※ラズベリーの食べごろ:7月上旬〜7月中旬

シーベリー・グーズベリー・カシス農園

ラズベリー農園から1分歩くと、シーベリーの木が見えてきます。

生まれて初めて見ました。中央アジア原産のシーベリーは、ビタミンC、Eが豊富で、健康食品として注目されているそうです。酸味は強いらしい…

僕は酸っぱいのが苦手なので、慎重に完熟した実を選んで口に…
ひぇ〜酸っぱい!!!
でもほのかに甘味も感じます。後ほど食べたサラダにも入っていました。ドレッシングに使うと良いそうです。

※シーベリーの食べごろ:8月上旬〜8月中旬

続いては、グーズベリーです。

こちらも初めて見ました。ブドウみたいな形で可愛いです。
これが美味しかった!甘かったです!1番好きっす♪

※グーズベリーの食べごろ:7月上旬〜7月中旬

続いては、カシスです。

うわ〜僕が大好きなカシスオレンジの『カシス』じゃないですか〜食べた〜い♪
ワクワクしながら口の中に放り込んでみると…うん!? 硬い…味があんまりしないかも…あれ?イメージと違いました。
パンフレットによると、カシスは加工することで、味やコクが出て美味しくなるそうです。

ちなみに、『原村の清水さんち』では、カシス酒づくり体験も行っているそうです。次は自ら摘んだカシスで挑戦してみたいです。

所要時間:約1時間半(摘み取り・水で洗い乾かす・保存瓶に詰める)
料金:2ℓ5,000円(税込)※保存瓶・氷砂糖・ホワイトリカー代込み
※要予約です

※カシスの食べごろ:6月上旬〜7月上旬

この他には、8月になるとブラックベリーが食べごろを迎えるそうですよ。

パンフレットより

僕たちが摘んで持ち帰るベリーたち。家でも楽しめるなんて嬉しい!

なかなか行けない方は、通販サイト『ハチカッテ』でも購入できます。
https://8katte.com/SHOP/194835/270120/list.html

インスタ映え間違いなし! ベリーワッフル

楽しみはベリー摘み体験だけではありません。僕がオススメしたいのは、カフェメニューです!

ベリーベリーカフェ

メニュー表

見た目が美しい、5種類以上のベリーをトッピングした『ベリーワッフル』と、ブルーベリーとカシスが入った『ベリースムージー』が美味しかったですよ〜♪

ワッフルの甘味と、ベリーの清々しい酸味が相まって美味しいです。700円(税込)

贅沢にもブルーベリー80g、カシス80gを使った濃厚スムージーです。美味い!500円(税込)

妻は、自家栽培トマトやニンニクを使った『パスタセット』を注文。ニンニクが効いていて美味しかったです!

チーズは目の前でかけてくれます。

サラダにはシーベリードレッシング。ドリンクが付いて1,000円(税込)

梅雨の晴れ間に行ったベリー摘み体験、清々しいベリーの香りに包まれて幸せな気分になりました。子どももブルーベリーが気に入ったようで嬉しかったです。家族で楽しめたのが良いですね〜また遊びに行きたいです!

Berry Farm 原村の清水さんち

住所    長野県諏訪郡原村12110
TEL     090-8082-1221

営業時間  6月下旬~9月中旬:不定休 9:00am-日没まで
.       上記以外の時期  :月・火定休 10:00am~6:00pm
WEBサイト https://shimizusanchi.jimdofree.com/cafe/

 

関連記事

のだオバさん。

放送作家。夢で「諏訪大社に行け!」と言われたのを真に受け、長野県茅野市に移住^_^余所者の目線を通して、諏訪・八ヶ岳エリアの魅力を発信!花好きから「あいつオジさんのくせに、オバさんっぽいな」と言われ『のだオバさん』に…。天然の妻・フリーアナウンサー谷岡恵里子は相当ヤバい(笑)
https://peraichi.com/landing_pages/view/noda/

SPOT INFORMATION

Berry Farm 原村の清水さんち

愛情たっぷりに育てた6種類の無農薬ベリー !
標高1000mを越える長野県原村でベリー摘みやジャム・カシス酒作りも体験出来る「Berry Farm」。原村の気候を存分に生かし6種類の無農薬ベリーを栽培しています。
6月~10月まで開催されるベリーの摘み取りは、夏の人気スポット。1人500円の食べ放題でお持ち帰りも可能です!

住所
長野県諏訪郡原村12109
電話番号
090-8082-1221
営業時間
6月中旬〜10月中旬(詳しくわお問い合わせください)
詳細ページ
http://www.lcv.ne.jp/~shimizusanti/

日付の近いイベント

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

諏訪みやげ Vol.2
諏訪まちごはん