絶対にオススメ!心温まる原風景を描く『原田泰治美術館』【諏訪市】

心温まる原風景✨

画家である原田泰治さんは、長野県諏訪市のご出身。
諏訪湖畔に立つ『原田泰治美術館』 に行ってきました!

建物の裏は諏訪湖です。

※諏訪湖側からの写真。

入り口に、、、原田泰治さんのお写真📷

のだオバさんとの2ショット! 自撮り上手くなってきましたw

足が不自由だった泰治さん。館内はバリアフリーになっています。


観覧料はコチラです!

個 人 団 体※
大人 840円 730円
中・高校生 410円 300円
小学生 200円 100円
障がい者(大人) 410円 300円

※障がい者(小人)は無料
※「団体」は20名様以上となります。

さあ! いよいよ絵とご対面です😊

…残念ながら、館内は撮影禁止でいたので、購入した絵葉書で雰囲気をお伝えしたいと思います!
※接写していますので、画質は悪いです^^; 美術館の絵は本当にステキです。

全国の原風景が描かれていました。

ボンネットバス(岩手県)

こんにゃく畑(群馬県)

雪あがり(秋田県)

雪深い村(新潟県)

思い出風(山口県)

蓮の花(石川県)

泰治さんが描き続けたのは…『日本から失われようとしていること』

それは…『自然と共生しながら、家族が力を合わせ、ささやかな希望を抱き、力いっぱい生きた時代』

失われつつある日本の心であり、幸せの本質かもしれません。
観ているだけで、心が温かくなります^ ^

泰治さんの地元・諏訪エリアの絵もありますよー

諏訪湖の夕暮れ

霧ヶ峰 ニッコウキスゲ

諏訪は本当に美しいです✨

絵を観て感じるのは、地域によって、気候が違い、標高が違い、地形が違う…
先人たちは、その環境を利用しながら、家族や仲間が幸せになるよう、あらゆるものを生み出してきました。

『自然と人間の共存』
『家族や仲間との助け合い』
『少しでも幸せになるようにと縁起を担ぐ行事』

泰治さんが描く原風景は、その土地のオリジナル性を浮き上がらせます。

その土地でしか感じられない物語。そして人々。
描かれた地域に行きたくなる!感じたくなる!

まさにこれこそが、地域おこしの基本じゃないかと思います✨
突拍子もないアイデアではなく、その土地に育まれたアイデンティティ(世界に一つしかない物語)を、地域の方々と共に浮かび上がらせること!

その土地の原風景や、暮らす人々の喜びに触れることで…
お客様が、自分自身の心の原風景を想い出したり、先人たちの愛を感じる。

地域活性化をやっている僕にとって、
すごく良い気づきを得ることが出来ました〜m(_ _)m

2階では泰治さんの動画も観られます。全て観ると67分。かなり良いです!

『夢 生い立ち』
原田泰治氏の生い立ち、画家・原田泰治の誕生まで(13分)

『風 画家・原田泰治』
感動の風景を探す取材から作品ができるまで(10分)

『道 世界を舞台に』
旧ユーゴ、アメリカなど海外での取材活動(10分)

『心 原田泰治と仲間たち』
さだまさし氏など、仲間たちから見た原田泰治氏(9分)

『絵本「とうちゃんのトンネル」』
幼年時代の実話をもとに制作された絵本の朗読(14分)

『四季・原田泰治の世界』
さだまさし氏の音楽にのせて、原田泰治の世界を紹介(11分)

帰りには、1階のショップで泰治さんグッズを購入!

絵葉書セット

すごく楽しい1日でした〜😊

諏訪市原田泰治美術館
http://www.taizi-artmuseum.jp/

※公式サイトには、割引券があります。

のだオバさん。

放送作家。夢で「諏訪大社に行け!」と言われたのを真に受け、長野県茅野市に移住^_^余所者の目線を通して、諏訪・八ヶ岳エリアの魅力を発信!花好きから「あいつオジさんのくせに、オバさんっぽいな」と言われ『のだオバさん』に…。天然の妻・フリーアナウンサー谷岡恵里子は相当ヤバい(笑)

SPOT INFORMATION

諏訪市原田泰治美術館

諏訪市出身の画家、原田泰治氏の作品を展示する美術館として、平成10年7月諏訪湖のほとりに会館。ふるさとをテーマに全国を取材し、愛情をこめて描き上げた作品を楽しむことができる。

住所
諏訪市渋崎1792-375
電話番号
0266-54-1881
営業時間
9:00~17:00
(入館は閉館30分前まで)
定休日
月曜日、年末年始、展示替え
祝日は開館
料金例
【入場料】 大人 820円 中高生 410円 小学生 200円 障がい者等(大人) 410円

団体割引有(20名様以上)
交通
電車:JR上諏訪駅下車 タクシー10分 自動車:中央自動車道諏訪ICより10分
詳細ページ
http://www.taizi-artmuseum.jp/

日付の近いイベント

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

諏訪みやげ Vol.2
諏訪まちごはん