TINY GARDEN蓼科発の新クラフトビール『GARDEN ALE』が8月1日より販売開始!

長野県茅野市、蓼科湖畔にたたずむ宿泊施設「タイニーガーデン蓼科」。温泉付きロッジ、キャンプ場、レストラン、ショップからなる複合施設で、蓼科高原のアウトドアを存分に味わえる場所です。

そのタイニーガーデン蓼科で、この夏、地元ブルワリーと地元ビール愛好家のコミュニティから生まれたクラフトビール「ガーデンエール」の販売が始まりました。

「2020年の夏、キャンプ場で飲みたいクラフトビールはありますか?」

新たなビール造りのプロジェクトがスタートしたのは2020年の1月末。「2020年の夏、キャンプ場で飲みたいクラフトビールはありますか?」の呼びかけに、茅野市のブルワリー8Peaks BREWINGと地元ビール愛好家、茅野市内の飲食店、ゴルフ場関係者などの総勢30名が集まりました。

当初コロナウイルスによる一時中断もありながら、クラフトビールの基礎講座を受けるところからはじまり、試作の検討や飲み比べなど、商品開発にむけて議論を重ねてきました。

 

完成したのは「蓼科で、キャンプ場で飲みたい最初の一杯」

計4回のワークショップを経て、完成したのは厳選した4種のホップを使った一品「ガーデンエール」。イメージは「蓼科で、キャンプ場で飲みたい最初の一杯」です。

グラスに注ぐと、マスカットのような香りから、グレープフルーツの皮のような香りに。涼しくてカラッとした蓼科の気候の中、地元で作ったクラフトビールをグリルした肉や野菜といただく。なんて贅沢なひとときでしょうか。

タイニーガーデン蓼科

ガーデンエールはタイニーガーデン蓼科の他、蓼科高原カントリークラブ、茅野市内の蕎麦屋『そば傍』など、地元の店舗・施設でも販売されます。蓼科高原カントリークラブさんやそば傍さんは、開発段階から関わり、ともにこのビールをつくってきた施設でもあります。

地元のビール醸造家と地元ビール愛好家のコミュニティから生まれた高原のクラフトビール「ガーデンエール」、贅沢な一杯をお楽しみください!

 

[GARDEN ALE]

販売時期    2020年8月1日(土)より順次
販売場所    TINY GARDEN 蓼科(長野県茅野市北山8606-1)
蓼科高原カントリークラブ(長野県茅野市北山4035)
そば傍(長野県茅野市泉野5931-100)
一部アーバンリサーチ飲食店舗
詳細ページ   http://www.urban-research.co.jp/special/tinygarden/activity/2020ss_beerclub/report/
TINY GARDEN蓼科公式サイト http://www.urban-research.co.jp/special/tinygarden/

 

日付の近いイベント

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

諏訪みやげ Vol.2
諏訪まちごはん