ガレの特別展に合わせたコラボメニュー 北澤美術館で期間限定パフェ販売中!

諏訪湖畔の美術館の一つ、北澤美術館でガレの特別展「びっくり玉手箱 ガレの陶芸とガラス」に合わせたスペシャルメニューが販売中! 地元の名店とコラボした「すわのプチ玉手パフェ」です。

ガラス工芸が有名なガレの特別展

北澤美術館は、19世紀末アール・ヌーヴォーを代表する巨匠エミール・ガレをはじめ、ドーム兄弟、ルネ・ラリックなどのガラス芸術と、東山魁夷、杉山寧、山口華楊、小倉遊亀など現代日本画を代表する巨匠たちの作品を展示しています。

その北澤美術館で現在行われている展覧会が「びっくり玉手箱 ガレの陶芸とガラス」。「ひとよ茸ランプ」などガラス工芸が有名なガレですが、実は父親の代から陶芸も制作していました。今回の特別展ではガラスの名作と共に、ドレス姿の猫や一風変わった東洋人などの陶芸作品を展示。ユーモラスで奇想天外なガレの陶芸の世界を楽しむことができます。

 

スペシャルメニュー「すわのプチ玉手パフェ」

そしてこの特別展に合わせ、喫茶室では「すわのプチ玉手パフェ」を販売中。特別展開催期間中限定のスペシャルメニューです。

パフェにはチーズケーキの人気店・丸安田中屋(諏訪市)のチーズケーキと清水ファクトリー(原村)のブラックベリーソースやブルーベリーの実を使用。上には焼き菓子・パン店のレ・トゥール・モッキー(諏訪市)がガレの作品をモチーフに作った猫型のクッキーを添えました。

地元の食材をたっぷり使い、まさに「玉手箱」のように諏訪の魅力が詰まった一品です。パフェは税込みで750円。特別展の開催期間中、2021年3月9日まで食べることができます。

喫茶室のみの利用も可能。特別展を楽しんでからパフェを堪能するもよし、パフェを目当てに芸術に触れるもよしです◎

[特別展「びっくり玉手箱ガレの陶芸とガラス」]
開催期間   2020年3月14日(土)〜2021年3月9日(火)
場所     北澤美術館(長野県諏訪市湖岸通り1-13-28)
公式サイト  https://kitazawamuseum.kitz.co.jp/

SPOT INFORMATION

北澤美術館

長野県の諏訪湖畔にある北澤美術館は、諏訪地域を代表する美術館として開館以来多くの入館者を迎えております。世界屈指のアール・ヌーヴォー、アール・デコのガラス工芸コレクションと現代日本画を展示しています。
またショップでは当館でしかお求めいただけない当館所蔵作品をモチーフにしたオリジナルグッズも多数ご用意しております。

住所
長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
電話番号
0266-58-6000
営業時間
4月~9月9:00~18:00/10月~3月9:00~17:00 *ご入館受付は閉館時間の30分前まで
定休日
年中無休(但し展示替えの為、臨時休館する事もございます。)
料金例
【入館料】大人:1,000円 中学生:500円 小学生以下:無料(8名様以上団体割引あり)
交通
JR中央線「上諏訪」駅下車、徒歩15分またはタクシーで5分 /中央自動車道「諏訪I.C.」より車で10分
詳細ページ
http://kitazawamuseum.kitz.co.jp/

日付の近いイベント

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

諏訪みやげ Vol.2
諏訪まちごはん