諏訪大社!鹿の頭を捧げる神事『御頭祭』

諏訪大社上社のご神事『御頭祭(おんとうさい)』

ご霊代を神輿にのせ、本宮から1.5キロ離れた前宮に運び、

五穀豊穣を祈ります✨

※ご霊代を神輿に。

※本宮を出て前宮へ

諏訪明神は、水と風の神と言われています。

晴天率85%以上と言われるこの地方には珍しく、雨のなか行われました。 (2017年4月15日)

※前宮の鳥居

※この『十間廊』で古式に依る祭典が行われます。

※捧げられた鹿の頭。昔は75頭分

※1784年に描かれた『御頭祭スケッチ』

※許可を頂き『薙鎌(なぎがま)』を持たせて頂きました。

鶏のトサカのような形をした、諏訪明神のご神器です。

 

白い衣装の方々は、『頭郷(おんとうごう)』と呼ばれる、

10年に一度回ってくるご神事の当番。

担当の地区の人は、身心を清め神事にのぞみます。

御柱祭にしても地域の多くの人々が神事に参加しています。

神事を通し人々が繋がり、自然、生かされていることに感謝する。

先人の精神性がずっーと残ってる地域。ステキだなぁ〜と思いました^ ^

これから何百年も続きますように✨

http://suwataisha.or.jp/gyouji.html

龍神のラテアート。
諏訪大社上社本宮ちかくの『みん吉』さん🐲

https://www.facebook.com/carameljeep/

(2017.4)

のだオバさん。

放送作家。夢で「諏訪大社に行け!」と言われたのを真に受け、長野県茅野市に移住^_^余所者の目線を通して、諏訪・八ヶ岳エリアの魅力を発信!花好きから「あいつオジさんのくせに、オバさんっぽいな」と言われ『のだオバさん』に…。天然の妻・フリーアナウンサー谷岡恵里子は相当ヤバい(笑)
https://peraichi.com/landing_pages/view/noda/

SPOT INFORMATION

諏訪大社 上社本宮

上社本宮は片拝殿が弊拝殿の左右に並ぶ独特の「諏訪造り」。建造物も四社中で最も多くを残している。現在の建物は江戸時代に再建されたもので徳川家康の寄進による四脚門など、国の重要文化財に指定されている貴重な建造物も多い。

住所
諏訪市中洲宮山1
電話番号
0266-52-1919
交通
電車:JR上諏訪駅下車 タクシー15分 JR茅野駅下車 タクシー10分 自動車:中央自動車道諏訪ICより5分

日付の近いイベント

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

諏訪みやげ Vol.2
諏訪まちごはん