『細川造園』入笠山の麓で採れたてのブルーベリーを(富士見町)

長野県富士見町には夏の期間限定で、ブルーベリー狩りができる農園があります。

今回は、パノラマスキー場のほど近く、富士見町若宮にある「細川造園」のブルーベリー畑に行ってきました。入笠山の麓、正面には八ヶ岳というすばらしいロケーションの元、ブルーベリーを収穫してきました。

壮大な景色に囲まれながらブルーベリーを収穫

受付を済ませると収穫したブルーベリーを入れるカゴをもらいます。腰のあたりに紐で縛って、ここにどんどんブルーベリーを入れていきます。

ブルーベリーは摘みながら試食をしてもOKということでした!早速摘みたてをいただきました。

見ているだけで清々しい気持ちになるブルーベリーの色

粒が小さなブルーベリーは甘酸っぱくて、大きめのものは甘みが強いものが多かったです。サイズや色によって風味が違うのがおもしろく、最初の方は試食の手が止まりませんでした……。

先代から引き継いだブルーベリー畑

管理者である細川さんは普段造園業を営みながら、昨年先代から引き継いだブルーベリー畑を一般の方にも開放しています。ここには約500本のブルーベリーの木があり、だいたい7月いっぱいが食べ頃だそうです。

ブルーベリーの木と細川さん

一緒に居合わせたお客さんにも話を聞きました。富士見町内在住の方は、今シーズンに入って既に3回もブルーベリー狩りに来ているそう。
たくさん獲れたブルーベリーはジャムにして人にあげるのだとお話されていました。冷凍にしてヨーグルトに入れて食べるのもおいしいよ! と帰り際に教えてくれました。

私も収穫を頑張りました。1時間弱で約1キロのブルーベリーを獲ることができました! 集中しているとあっという間にカゴがずっしりと重くなってきます。

料金は1キロあたり1,100円。量り売りで計算してくれます。

新鮮なブルーベリーがこんなにたくさん……!

私が行った日は、よく晴れていて八ヶ岳がとてもきれいに見えました。時折山から吹いてくる風が心地よく、夏休みのような気分で楽しむことができました。
持ち帰ったブルーベリーの半分は冷凍して、もう半分はジャムにしたり、人に配ったりしようと、計画を立てながら家に帰りました。

今年の夏も遠出は難しそうだし、特に予定を立てていない、という方も多いのではないでしょうか。開放感のある景色の中でブルーベリーを収穫する体験は、間違いなく夏の思い出になると思いました。気になった方はぜひ、体験してみてください!

ライター紹介:文月

1993年 富士見町生まれ。現在は松本市の本屋と銭湯で働いています。
私小説『私の証明』(百万年書房)を出版。文芸誌でエッセイや、小説なども執筆。趣味はラジオを聴くこと。

『mame mura coffee』やさしい空間でコーヒーを(富士見町)
『mame mura coffee』やさしい空間でコーヒーを(富士見町)
はじめまして、富士見町出身の文月です。現在は、松本市に住みながら「栞日」というお店の本屋部門と、街の銭湯「菊の湯」で働いています。 これから諏訪旅でライターとしても活動させていただくことになりました … 続きを読む

【一時休止中】今年も!富士見2大リゾート一部無料開放中! 長野県在住者対象
【一時休止中】今年も!富士見2大リゾート一部無料開放中! 長野県在住者対象
※新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、7月31日〜富士見2大リゾートの無料開放を一時休止しています。富士見町内の施設や店舗で使えるクーポンの配布も当面の間休止となっています。 2021年7月5 … 続きを読む

SPOT INFORMATION

細川造園 ブルーベリー畑

入笠山の麓にあるブルーベリー畑。
正面に八ヶ岳を望むロケーションでブルーベリー狩りが楽しめます。

住所
〒399-0211 長野県諏訪郡富士見町富士見8150
電話番号
0266-62-5201
入園料
大人400円 
子ども100円(3歳~小学生)
摘み取り料
1kg当たり 1,100円
予約方法
ブルーベリー狩り体験希望の方は、事前に電話で予約をしてください。
8月初旬まで解放中。
       

日付の近いイベント

       

このエリアの最新ニュース