【1日4組限定】地元野菜とワインが美味しい『オーベルジュテラ』in 蓼科中央高原

☑️標高1500m森の中にひっそりと佇むオーベルジュ(宿泊できるレストラン)
☑️信州食材をふんだんに使った料理&信州ワインに感動!
☑️野生のリスを見ながら食べるエッグベネディクトが最高でした!

こんにちは! 諏訪旅の初代編集長「のだオバさん」です。僕は今、茅野市と神奈川県相模原市の二拠点生活をしています。
というのも、相模原で開院した姉のクリニックを手伝うことになったからです。


『ちはるハートクリニック』 ロゴは諏訪市の画家・原田泰治さんにつくって頂きました。

神奈川に行く機会が増えてくると、茅野の澄んだ空気が恋しくなります。
茅野に帰ってくるたびに、地域の食事を楽しんでいます。

前置きが長くなりましたが……
今回は、蓼科中央高原にある宿泊できるレストラン『オーベルジュテラ』で、信州食材たっぷりの料理やワインを飲みまくり、幸せすぎてこんな顔になってしまった!というお話です(笑)

すごく幸せ〜。

標高1500m! 森の中に佇む隠れ家

茅野市の市街地から車で約30分、森の中にひっそりと佇む『オーベルジュテラ』がありました。


大人の隠れ家といった雰囲気ですね〜。

エントランス

お部屋は4つありますが、全て間取りが違うそうです。
僕たちには小さい子どもがいますので「他のお客さんにご迷惑をお掛けしたくない」と伝えましたら、階下が食堂の角部屋を案内してくださいました。


一番リーズナブルなお部屋『クラッシックハリウッドツイン』(20平米)1泊2食お一人¥18,500〜。

なかなか良い雰囲気のお部屋です。


なぜ子どもはすぐにベッドに乗りたがるのか?(笑)

窓を開けると、清々しい空気〜♪


森の妖精に出会えそうです(^-^)

他にはこんな素敵なお部屋もあるそうです。


『スーペリアメゾネットツイン』1泊2食お一人¥25,000〜。
※宿泊サイト、プラン、お部屋によって値段が異なります。

信州食材をたっぷり使った料理が美味しい!

いよいよ、お食事の時間です!
「美味しかったよ〜」と宿泊した友人から聞いているので、すごく楽しみ♪
心の中でスキップしながら食堂に向かいました。


な、なんと! ゴージャスな雰囲気。緊張してきた^^;
小さい子どもがいる僕らは個室に案内していただきました。こういう気遣いはありがたいです。


ここもなかなか良い雰囲気です♪


愛斗! 頼むから、今日だけは「おさるのジョージ」の動画を大音量で見ないでね(笑)。

乾杯は、八ヶ岳のクラフトビール・エイトピークス の『Acii La Saison(アチーラ セゾン)』を注文しました。


商品名の「あちーら」は、諏訪地域の方言で「暑いでしょ」という意味。
柚子の皮を使った喉越し爽やかな夏季限定商品です。

※僕が書いた「エイトピークス」の記事はこちらです。
ビールオタクが造る究極のクラフトビール『エイトピークス』

妻はシャンパン『デルフール ブリュット』で乾杯!

いや〜美味しいな〜口いっぱいにホップと柚子の香り♪
雰囲気が良いから、より一層美味しく感じるのかなぁ〜なんて考えていたら……1品目の料理がきました!

珍しい! 信州のチョウザメと信州サーモンのコラボ

信州の恵みが詰まった『信州サーモンと黒曜チョウザメのロールとアスパラ添え』。


えっ!? チョウザメって信州なの? と思われた方もいらっしゃると思います。
実は茅野市のお隣り、長和(ながわ)町で養殖されているんです。


長和町は、年間を通して9℃の超軟水が1分間に3,5tも湧く地域。

キャビアで有名なチョウザメですが、サメではないんです。2億年前から生きていると言われている古代魚。枯渇しそうな海洋資源の代替魚として、長和町の元地域おこし協力隊員だった東久保さん(ドリームウィングス)が養殖をはじめました。
肉厚で良質な脂がのった白身魚で、青魚の3倍ほどの旨み成分が含まれているそうです。

黒曜チョウザメを嬉しそうに持つ『オーベルジュテラ』寺沢沙弥果シェフ。

そんな黒曜チョウザメと信州サーモン、キュウリなどが入ったロールを、ワサビの生クリームベースソースでいただきます。


あっさりとした中にも、深みがある味わい。う〜ん美味い♪
地元産の巨大アスパラも最高でした! 今まで食べたアスパラの中でNo.1です!
感動に浸っていると、パンとスープが出てきました。


フランスから輸入した冷凍生地を焼いています。


こちらはイタリアから輸入。こだわっていますね!


スープは『キャベツとケールのポタージュ ピーターベーコンと共に』。
コクがすごい! ケール独特の青臭さもなく、野菜の旨味がギューっと凝縮されたスープでした。カリカリベーコンもアクセントになって美味しい!

こちらのベーコンは、海外の品評会で金メダルを取ったことがある茅野市の名店『レストラン ピーター』の商品。うちの子どもも大好きです♪

八ヶ岳産のピノ・グリを使った白ワイン

続いての料理は、能登半島から仕入れた真鯛を使った『真鯛のポワレ ソースブールブランで』。


うぉ〜美味しそう〜!
やっぱり魚には白ワインでしょう〜ということで、オーナー兼ソムリエの寺沢さんに、おすすめの白ワインをお願いしました。


こちらは、八ヶ岳エリアで初のワイナリー『原山農園きふたと』のピノ・グリという品種を使ったワイン。えっ!? 茅野市のお隣り原村に、いつの間にかブドウ農園が出来ていたんですね!?
知りませんでした。諏訪エリアはどんどん楽しい地域になっていきますね〜。

ブドウの甘みを感じながらも、スッキリとした味わいで魚や野菜との相性は抜群でした。美味しいね〜♪

信州のブランド牛を、入手困難な城戸ワインで

続いての料理は『白樺若牛のローストをカシスと赤ワインのソースで』。


な〜に〜この赤身! 輝いているじゃないですか! もぅ〜うまそ〜!
白樺若牛って初めて聞きましたが、赤身の旨味と芳醇な味わいが特徴の信州ブランド牛だそうです。
知らなかった^^; 食事を通して信州をより深く知れるのは嬉しいですね。

そして合わせる赤ワインはこちら。


今や入手が困難になった『城戸ワインルージュ』。
城戸さんが丁寧に作るワインは、香りがとにかく素晴らしいとのこと。乾杯!


確かに、どこまでも香りの余韻を味わえるワインです〜。幸せ♪
お肉も美味しい! 赤身とは思えないほど、肉の旨みがしっかりと詰まっていてジューシー。濃厚なソースも美味い。ワインとの相性も抜群です。最高です!


なんか酔っ払ってきちゃったわ〜。


スイーツは『原村の夏いちごをパフェで』。
夏いちごは、程よい酸味と甘味で美味しかったです。


信州の恵みがいっぱい詰まったフルコースに妻も大満足でした。
美味しゅうございました✨

野生のリスを見ながら、美味しいエッグベネディクトを食す

さすがオーベルジュ(宿泊できるレストラン)。朝食も素晴らしかったです♪


新鮮な野菜と、毎朝焼いている自家製パン。


さらには、ベーコンがのった新鮮たまごのエッグベネディクト。


どれも美味しい♪ 僕が今まで食べた中でNo.1の朝食かもしれません。
窓の外では、野生のリスも食事していました。可愛かったです。


動画をご覧ください!

最後に……
料理が美味しいという噂は聞いていましたが、予想以上の美味しさでした! 信州を思いっきり感じられるオーベルジュです。
4部屋限定ですから、家族や仲間と貸し切るのも良いかもしれませんね♪


沸き水の貸し切り風呂も良かったです。

のだオバさん。

放送作家。夢で「諏訪大社に行け!」と言われたのを真に受け、長野県茅野市に移住^_^余所者の目線を通して、諏訪・八ヶ岳エリアの魅力を発信!花好きから「あいつオジさんのくせに、オバさんっぽいな」と言われ『のだオバさん』に…。天然の妻・フリーアナウンサー谷岡恵里子は相当ヤバい(笑)
https://peraichi.com/landing_pages/view/noda/

SPOT INFORMATION

オーベルジュテラ

1日4組のみのスモールオーベルジュ。女性シェフの奏でる地産地消のフレンチベースのお食事を地元長野ワインのマリアージュで楽しむことができます。
標高約1,600mにあり、星降るオーベルジュとして自然を満喫できます。

住所
長野県茅野市北山5513
電話番号
0266-67-4568
営業時間
チェックイン 15:00~18:00
チェックアウト 10:00
詳細ページ
https://www.aubergetera.com/
       

日付の近いイベント

       

このエリアの最新ニュース