蚕はこうやって大きくなる!茅野市の養蚕業

お蚕様✨
昔の人はそう呼びました。それほど家計を支えてくれた貴重な存在!

かつて製糸産業が盛んだった長野県岡谷市。
明治時代、日本の生糸生産が世界一で、その中枢を担ってました✨

(詳細はこちらから、お願い致しますm(_ _)m)

 

近隣である茅野市では、蚕の食事となる『桑の葉』をつくり、養蚕している人が多かったそうです!

しかし、時が経ち…今は茅野市金沢地区に一軒のみ。諏訪エリアでここだけ。

90代のおばあちゃんと、息子さんで運営されています。

工場内。このケースが蚕の住居。桑の葉をあげやすいように、動くようになっている。

90代おばあちゃん。

ある日、「蛾の幼虫(約5ミリ)を10万匹買った」という連絡が入り訪れてみると…

愛おしそうに見つめる息子さん😊

「かわいい💖」を連発していました!

…か、かわいいですか!?(・・;)

息子さん曰く「愛情をかけた分、繭の質が良くなる」とのこと。
僕が蚕なら、ここで飼われたい(笑)

蚕の成長は早い!

たったの1か月で糸をはき、繭をつくってしまう😵

蚕のマンション

みんな同時に区切られた部屋に入り、繭をつくる。

誰からも教わってないのに…
自然界の不思議さを感じます^_^

(動画です)

す、すごい!!!
茅野に来て、本当に勉強になることばかり✨

諏訪の絹は質が良いと評判だそう。こういう方たちの愛情のお陰ですね〜^_^
いつまでも、このような文化が残りますように😊

茅野市宮川にある『寒天蔵』。その昔は、岡谷市の繭蔵でした。

取材:2017年7月6日

のだオバさん。

放送作家。夢で「諏訪大社に行け!」と言われたのを真に受け、長野県茅野市に移住^_^余所者の目線を通して、諏訪・八ヶ岳エリアの魅力を発信!花好きから「あいつオジさんのくせに、オバさんっぽいな」と言われ『のだオバさん』に…。天然の妻・フリーアナウンサー谷岡恵里子は相当ヤバい(笑)

日付の近いイベント

同じエリアのイベント

このエリアの最新ニュース

諏訪みやげ Vol.2
諏訪まちごはん