天守閣復興50周年の「高島城」取り壊し〜復興の歩みを知る記念企画展開催中! 限定御城印も。

☑︎諏訪湖に浮かぶ城「高島城」
☑︎天守閣復興は6度目のチャレンジだった!
☑︎四季折々に美しい「高島公園」
☑︎高島城のアクセス・駐車場

諏訪 高島城
こんにちは、おいちゃんです。今回は「諏訪高島城」に行ってまいりました!
今から400年ほど前の慶長3年(1598年)、豊臣秀吉の家臣「日根野高吉」により築城された高島城。明治維新により城郭のすべてが取り壊されましたが、昭和45年(1970年) に市民の熱望により天守閣が復興され、今も諏訪のシンボル的な存在として広く親しまれています。

諏訪 高島城

2020年10月18日から2021年5月23日まで復興50周年記念企画展「天守復興」を開催中!
期間中、諏訪市内在住者は無料で入場できます。
期間限定の御城印も販売していますよ〜。1枚300円※原則1人1枚

パネル展示を通して、高島城の復興にかけた人々の熱い思いが伝わってきました……

諏訪湖に浮かぶ城「高島城」

諏訪湖と並び諏訪のシンボル的な存在である高島城。今から400年ほど前、豊臣秀吉の家臣である、日根野高吉(ひねのたかよし)によって築城されました。1592年に築城がはじまり、1598年にはほぼ完成したと考えられています。
当時は諏訪湖の水が城間際まであり湖中に浮かんでいるような姿だったため、別名「諏訪の浮城」とも呼ばれていました。
諏訪 高島城

松江城や膳所城と並ぶ「三大湖城」のひとつであり、2017年には「続日本100名城」に選定されています。

天守閣復興は6度目のチャレンジだった!

江戸時代を通して親しまれた高島城ですが、明治維新によって旧来の支配体制の象徴である城郭は取り壊されることになってしまいます。明治8年(1875)年までに城郭のすべてが取り壊され、翌年には本丸跡地が「高島公園」として市民に開放されました。
毎年多くの花見客が訪れる高島城の桜もこのときに植えられたんですね〜。

諏訪 高島城

記念企画展

天守閣復興はなんと6度目のチャレンジだったそう。下記ざっくりすぎる紹介。

①大正11年:諏訪市の工匠が自分たちの手で再建しようと運動
→世界恐慌のあおりを受け断念。②昭和31年:当時の市長が事務当局に検討を指示
→着手に至らず。③昭和35年:諏訪出身者が東京で復興計画を立てる
→「高島城復元協会」設立するも実行には至らず。④昭和37年:割烹旅館の亭主が地元への奉公として高島城復興を思い立つ
→城址が国有地であること、建ぺい率や寄付金の扱い等の問題から実現せず。⑤昭和38年:④の熱意を受け継いだ諏訪市長が高島城復元準備大会を開催、寄付金を募る
→国の金融引き締め政策により企業収入が低迷、またしても足踏み状態に。

度々運動が立ち上がるもなかなか実現しない天守閣復興…でしたが、ついに転機が訪れます!!

⑥昭和42年:旧高島藩関係者から100万円の寄付申請。市費は使わずすべて寄付金で賄うことを市議会が承認し、資金6千万円を目標とする寄付金募集が始まる。
→昭和44年から天守の復興工事開始
→昭和45年、95年ぶりに高島城天守が復興!!
(寄付者7212名、寄付総額9536万円余り)

うおおお〜〜〜〜数々の困難を乗り越えて復興した高島城の歩み。知って見るのと知らないで見るのとでは感慨深さが違いますね。

石垣の修理や庭園の整備などは諏訪市の事業者の奉仕によって行われ、樹木は市民の手で集められたそうです。まさにお城を思う人々の情熱によって実現した復興……

館内には他にも歴史的な資料が展示されています。
諏訪 高島城
3階は展望コーナー。

諏訪 高島城

諏訪湖や諏訪の街並み、天気が良いときは富士山も見えますよ。

諏訪 高島城

諏訪 高島城

四季折々に美しい「高島公園」

桜の名所として知られる高島公園。桜が散った5月には藤が見頃を迎えます。秋には色とりどりの紅葉に彩られ、四季折々に訪れたい場所です。
諏訪 高島城
諏訪 高島城

高島城のアクセス・駐車場

高島城のアクセスは
電車:JR上諏訪駅諏訪湖口から徒歩約10分
車 :中央自動車道諏訪インターから約15分

駐車場は2ヶ所あります。

諏訪 高島城

一つは西側(諏訪湖側)。

諏訪 高島城

もう一つは諏訪市役所の駐車場。

諏訪 高島城

激動の時代を経て、今も愛される「高島城」。ぜひ足を運んでみてください。

おまけ

入場料を支払い、売店にて300円以上のお買い物をすると全国統一観光スポットカード「ロゲットカード」がもらえます。

諏訪 高島城
50周年記念誌「諏訪の浮城 高島城のすべて」500円もおすすめです! 内容が濃すぎる!!

関連記事

観光案内所おすすめのスポットが満載!上諏訪温泉100分まちあるきマップが完成。
観光案内所おすすめのスポットが満載!上諏訪温泉100分まちあるきマップが完成。
JR上諏訪駅に隣接する諏訪市観光案内所では、上諏訪温泉周辺のまちあるきマップを配布しています。 甲州街道に沿って立ち並ぶ五蔵の酒蔵や寺町通りなど風情あるまち並みを歩くコースを紹介。 諏 … 続きを読む

上諏訪駅から歴史を辿る散歩道!in温泉寺
上諏訪駅から歴史を辿る散歩道!in温泉寺
☑️かつては高島藩主の菩提寺だった温泉寺 ☑️神宮寺のご神体『お鉄塔』を祀る ☑️国史跡に指定されている藩主のお墓 こんにちは。皆様、諏訪を楽しんでいらっしゃいますか? 私は、結婚を機に諏 … 続きを読む

ライター紹介:おいちゃん

ライター。信州松本生まれ、10歳から東京渋谷育ち。カルチャーショックを受け、小学生にして将来は地方移住することを念頭に生きる。大学卒業とともに縁あって茅野市に移住。諏訪旅1人編集部の編集長。

SPOT INFORMATION

高島城・高島公園

慶長3年、豊臣秀吉の家臣、日根野高吉により築城された高島城。完成当時は諏訪湖の湖水と湿地に囲まれ、諏訪湖上に浮かぶように見えたことから「諏訪の浮島」と呼ばれました。
高島城公園内には、ソメイヨシノを中心にシダレザクラ、ヒガンザクラ等の桜が約90本あり、桜が満開になると高島城をより華やかに魅せ、公園一帯がピンク色に染まり魅力が一層増す。
特に桜が満開になる4月中旬は、花見を目的に多くの方が訪れており、桜の下での宴会するグループ、地元の和菓子とお茶で散歩やひと休みする方、満開の桜と高島城をさまざまな角度から撮影するアマチュアカメラマンなど高島城の桜に魅せられたファンで賑わう。
写真ポイントは、堀の外側の冠木橋の手前から高島城に向かっての場所がオススメ。
また、桜の花が散ったあと5月中旬、樹齢130年を超えるフジが見頃を迎えます。

住所
長野県諏訪市高島1-20-1
電話番号
0266-53-1173
営業時間
9:00〜17:30 (10/1から3/31は16:30まで)
公園内はいつでも入場できます。
休館日
12/26-12/31
(その他臨時休館あり。HPをご確認ください)
料金例
高島城入場料
大人 310円 小人 150円
(高島公園は無料)
交通
電車:JR上諏訪駅下車 徒歩10分 自動車:中央自動車道諏訪ICより15分
詳細ページ
https://www.suwakanko.jp/point/takashimajo/
       

日付の近いイベント

       

このエリアの最新ニュース