『福田屋本店』創業100年! 名物「信州あべ川餅」を食す。(下諏訪町)

長野県下諏訪町で1918(大正7)年創業の福田屋本店。100年以上の歴史を持つ老舗です。

下諏訪町で創業100年、地元に愛される老舗店

お店は諏訪大社春宮・秋宮からともに徒歩15分ほどの場所にあります。駐車場はお店前に5台。

福田屋本店

白壁に木の柱が映える、きれいな店内です。

ショーケースには定番商品の他、季節のお菓子が並ぶ。

お赤飯や一升餅も売っていました。

諏訪大社「御射山(みさやま)祭」の公認菓子

名物はこちら! 信州あべ川餅 1,000円(税込)です。
大きなお餅が8枚入り。

安倍川餅といえば静岡の名産。福田屋本店の創業者、佐野竹一さんは静岡の出身で、安倍川餅は福田屋本店の原点となる味だそうです。

「信州あべ川餅」は諏訪大社で毎年8月後半に執り行われる神事「御射山(みさやま)祭」の公認菓子として認められており、「御射山餅」とも呼ばれています。

戦後、御射山祭での神職で「古生会」の一員だった福田屋が、御射山祭でのお祭りのお土産にしようと考案したのが始まりだとか。

きな粉は青大豆を原料とした鮮やかな緑色。コシがあり、歯切れのよいお餅に、風味豊かなきな粉がたっぷり。

語彙力が足りなくて申し訳ないんですが、しっかりと丁寧につかれたお餅! という感じです。思っていたよりもお餅! 求肥ではなく、お餅です。この感じ、食べた方には伝わるでしょうか。
一つ食べればお腹いっぱいの食べ応えです。

甘さは控えめ、お餅ときな粉の風味がしっかりと感じられました。
日にちが経つと固くなってしまうそうで、2日くらいの間に召し上がってくださいね、とのこと。

色鮮やかな季節のお菓子

取材時(3月)に販売していた季節のお菓子もいただきました。

草餅もさくら餅も、緑の鮮やかさが印象的です。桜の葉は国産、色を保つため漬かり具合にもこだわっているそう。
さくら餅はクレープタイプの長命寺と道明寺と2種類ありましたよ! さらに長命寺はこしあんとつぶあんの2種!

右から2番目は、摘果した桃が入った「和桃果(わとうか)」。ぶわあ〜っと桃の香り(少し青梅にも似たような)がして、ジューシーな実とこしあん、お餅が絡み合って、新感覚のおいしさでした。

生クリーム大福も人気とのことで、次回食べてみたいと思います。
諏訪大社にお参りの際にはぜひ立ち寄ってみてください。

『精良軒』シルクのまち岡谷の老舗和菓子店(岡谷市)
『精良軒』シルクのまち岡谷の老舗和菓子店(岡谷市)
「精良軒」は明治28(1895)年創業、長野県岡谷市にある和菓子屋さん。 まゆの形をしたシルクパウダー入りの最中菓子「結い」など、シルクで栄えた岡谷ならではのお菓子が名物です。 お土産に! … 続きを読む

子どもの健康を願いドジョウを放つ『御射山社祭』
子どもの健康を願いドジョウを放つ『御射山社祭』
☑️2歳の子どもの健康を祈願する『はらやまさま』 ☑️ドジョウの放流を体験してきました! ☑️オススメ!森の中にひっそりと佇む神社です 長野県諏訪郡富士見町にある諏訪大社上社『御射山社(みさ … 続きを読む

ライター:おいちゃん

信州松本生まれ、10歳から東京渋谷育ち。カルチャーショックを受け、小学生にして将来は地方移住することを念頭に生きる。大学卒業とともに縁あって茅野市に移住。諏訪旅1人編集部の編集長。

SPOT INFORMATION

福田屋本店

大正7(1918)年、下諏訪町で創業。名物は諏訪大社から「御射山餅(みさやまもち)」の名を賜った「信州あべ川餅」。青ばたきなこの風味豊かな、平べったくて大きなお餅で幅広い世代に愛されています。

伝統の味を守りながら季節の創作和菓子や「生クリーム大福」などの新たなお菓子も生み出し、人気を得ています。

住所
〒393-0076 長野県諏訪郡下諏訪町矢木西25
電話番号
0266-27-7397
営業時間
9:00〜17:00頃
(※商品がなくなった場合、閉店することがあります)
定休日
第3火曜・水曜定休(祝日の場合は営業)
臨時休業あり
駐車場
あり
詳細ページ
http://www.fukudayahonten.com/index.php
       

日付の近いイベント

       

このエリアの最新ニュース

諏訪信仰と仏たち
オンラインショップ ハチカッテ