諏訪のあれこれをイラストと文字で図解◎ グラフィックレコーディング連載始まります!

こんにちは。諏訪旅ライターおいちゃんです。

グラフィックレコーディングを知っていますか? 一般的にはミーティングや講演の内容を文字とイラストで記録する方法を指します。話の内容を親しみやすいイラストで俯瞰的に捉えることができ、会議やコミュニケーションを活性化するとして近年注目されている手法です。

諏訪のあれこれを写真と文字以外でも伝えていけたら……と諏訪旅でもグラフィックレコーディングを使った連載を始めます!

まずは「諏訪旅」をグラレコで表してもらいました!
ご協力いただくのは、諏訪エリアでグラフィックレコーダーとして活動されている三澤好美さん。

三澤好美(よっちゃん)
長野県諏訪市で介護施設に勤めながらグラフィックレコーディング「森のくじら舎」を主催。 記録するグラレコから、人と人・人と場を繋ぎ、本来持っている力を引き出すグラレコを得意としています。

インタビューから人の歩みをイラスト化

まずは諏訪旅について、こちらの自己紹介記事を参考にまとめていきます。
▶︎今更ながらはじめまして! 諏訪6市町村の地域情報サイト「諏訪旅」です。<初代編集長のだオバさん×新編集長対談>

スラスラ〜っと。すごい。

そしてできあがったのがこちら。

お恥ずかしながら編集長及川の半生(?)も聞き出していただきました……

長野県松本市に生まれ、東京渋谷で育ち、大学卒業を機に茅野市へ。祖母が入所していた介護施設に入社し、職場結婚。その後いろいろあってご縁あり諏訪旅の運営をさせていただいております。ふわ〜っと優しい雰囲気の三澤さんにインタビューされて、話すつもりがなかったことまで話してしまいました(笑)。

諏訪エリアで活躍している人や、おもしろい取り組みなど、諏訪の「モノ・コト・ヒト」を文字とイラストで紹介していきますよー!
次回、早速諏訪6市町村の紹介をしていただきます。お楽しみに!

ライター紹介:おいちゃん

ライター。信州松本生まれ、10歳から東京渋谷育ち。カルチャーショックを受け、小学生にして将来は地方移住することを念頭に生きる。大学卒業とともに縁あって茅野市に移住。諏訪旅1人編集部の編集長。

       

日付の近いイベント

       

このエリアの最新ニュース