【年末年始の読み物特集】マッチのラベルから、その時代を旅する「タイムとラベル」

マッチのラベルから、その時代を旅する「タイムとラベル」。案内人は、諏訪大社上社の神長官を務めた守矢家の分家のご出身である守矢正さんです。戦後から高度経済成長期の時代の雰囲気や、今も残るお店や宿の歴史が感じられるシリーズです。

マッチのラベルから、その時代を旅する「タイムとラベル」1
ナポリ
<small>マッチのラベルから、その時代を旅する「タイムとラベル」1</small><br>ナポリ
☑️マッチのラベルから時代を探る第一弾『大手にあったナポリ』 ☑️『ナポリ』のラベルにある、壽屋の洋酒チェーンってなんだろう? ☑️洋画専門館『シネマレイク』は、小学生時代地域で集まり観に行く大人 … 続きを読む

マッチのラベルから、その時代を旅する「タイムとラベル」2
ホテル鷺乃湯
<small>マッチのラベルから、その時代を旅する「タイムとラベル」2</small><br>ホテル鷺乃湯
☑️『鷺乃湯』と『布半』のマッチラベルに書いてある電話番号が一緒だよ!!なんで? ☑️赤いラベルの鷺の絵は、原田泰治氏の若き頃の図案なんだって! ☑️『鷺乃湯』は、諏訪大社上社の近くにもあった!? … 続きを読む

マッチのラベルから、その時代を旅する「タイムとラベル」3
毒沢鉱泉 宮乃湯
<small>マッチのラベルから、その時代を旅する「タイムとラベル」3</small><br />毒沢鉱泉 宮乃湯
☑️武田信玄の隠し源泉だった『宮乃湯』のマッチラベルを発見!! ☑️薬効のある鉱泉なのに、なぜ『毒沢(どくさわ)温泉』なんて名前をつけたんだ? ☑️ラベルを書いた武田謙吉さんてどんな人? 次 … 続きを読む

マッチのラベルから、その時代を旅する「タイムとラベル」4
いずみ屋
<small>マッチのラベルから、その時代を旅する「タイムとラベル」4</small><br />いずみ屋
☑️偶然テレビで見た信州諏訪みそ天丼会の会長が『いずみ屋』のおかみさんだった。 ☑️叔母が連れて行ってくれたというが、僕は一体幾つの頃に行ったのだろう? ☑️いろいろな取り組みで、諏訪を活気づけて … 続きを読む

マッチのラベルから、その時代を旅する「タイムとラベル」5
宗藤本と宗藤
<small>マッチのラベルから、その時代を旅する「タイムとラベル」5</small><br />宗藤本と宗藤
☑️老舗割烹「宗藤本」は、諏訪の花柳界を担った。 ☑️元内閣総理大臣 宮澤喜一氏も泊まった、ホテル「宗藤」。 ☑️小川平吉氏と曾祖父一太郎、そして宮澤喜一氏との関係。 諏訪に花街があったらしい。 … 続きを読む

マッチのラベルから、その時代を旅する「タイムとラベル」6
ともしび
<small>マッチのラベルから、その時代を旅する「タイムとラベル」6</small><br />ともしび
☑️今回のラベルは下諏訪『ともしび』と『ヒュッテ御射山』 ☑️ゆったりとした時間が流れる『ヒュッテ御射山』は素敵な場所。 ☑️『御射山』は諏訪信仰の大切な場所の一つ。 マッチのラベルを調べ始めた … 続きを読む

ライター紹介 守矢正

1951年12月4日生まれ。小学校6年まで諏訪市中洲神宮寺の旧杖突街道入り口脇の家にて過ごす。
1964年清陵高校の教師であった父が、東京で学校創立に参加する為一家五人で東京へ引っ越し、その中高一貫教育の学校に入学・卒業。日本大学文理学部に入学・卒業し、東急百貨店東横店に入社。そこで40年無事勤務し退社。
我が家が神長官の分家である事から家史を調べたり、諏訪に魅かれて父が残したコレクションを基に色々な角度から、故郷に思いを巡らせる日々を過ごしている。

       

日付の近いイベント