諏訪湖博物館・赤彦記念館でロビー企画展「御渡り」開催中! 150分1スケールのジオラマ展示。(下諏訪町)

2021年1月30日(土)〜2月28日(日)、諏訪湖畔に佇む下諏訪町立の博物館「諏訪湖博物館・赤彦記念館」でロビー企画展「御渡り」を開催しています。

見どころは150分の1のスケールでつくられたジオラマ! 2018年に出現した諏訪湖の御神渡りが再現されています。

※御神渡り(御渡り)についてはこちら。

諏訪湖の御神渡り(御渡り)今も息づく諏訪の自然信仰
諏訪湖の御神渡り(御渡り)今も息づく諏訪の自然信仰
毎年冬になると、諏訪地域では「諏訪湖に御神渡りができるか」が大きな関心を集めます。 ローカル新聞では連日、八劔神社による諏訪湖観察の様子が報道され、寒い日が続くと「今年は御神渡りできるかね」が人々の … 続きを読む

諏訪の自然・景色を残していきたい

ジオラマ「JR中央東線下諏訪町内 御神渡り拝観式」の作者、向山尚樹さんにご案内いただきました。
向山さんは1975年下諏訪町出身、諏訪市在住。小学生の頃から鉄道模型をつくり始め、現在まで鉄道のジオラマを100以上手がけてきました。

向山さんが子どもの頃は諏訪湖が凍るのが当たり前で、諏訪湖の氷上で遊んだ経験もあるそうです。御神渡りも毎年のように出現していたため、特段興味を持たなかったとか。
しかし現在は温暖化の影響で御神渡りも数年に一度の現象になっていることから、諏訪湖の御神渡りを模型にして残したいとジオラマ制作に取り組み始めました。

「模型の世界だけでしか御神渡りを見ることができない、ということにならないよう、諏訪の豊かな自然や景色を守っていきたいという想いも込めています」と向山さんは言います。

150分の1の世界の楽しみ方

ジオラマのサイズは幅90センチ、奥行き55センチ。上から見るとこんな感じ。

おすすめは目線を低くし、中を覗き込むようにして見ること。撮影するなら一眼レフではなく、スマートフォンのような小さいものの方が上手に撮れるそうです。

教えていただいた通り、覗き込んでみると……

「御渡拝観式」を執り行う八劔神社の宮司・総代衆。 湖面のベースはなんと100円ショップで購入したクリアホルダーだそう!

「御渡拝観式」の見物に来た人々。報道カメラマンもいますね!

企画展開催地の「諏訪湖博物館・赤彦記念館も」150分の1に。(左上、銀色の建物)

茅野市のラッピングバスも忠実に再現。

楽しい!!
小さなジオラマですが、細かいところまでじっくり見入ってしまいました。

「御神渡り」ジオラマの作り方も公開されています。材料は100円ショップで買える物や、砂・枯れ草などの気軽に手に入る物ばかり。

向山さんによると、小学生中学年以上のお子さんなら気楽に作れるのではとのことです。
工作好きの方々、ぜひ取り組んでみてください。

ロビー企画展「御渡り」では、ジオラマの他にも過去の御神渡りや神事の写真なども展示されています。お近くに行った際にはぜひお立ち寄りください。

諏訪湖博物館・赤彦記念館 ロビー企画展「御渡り」
期  間:2021年1月30日(土)~2月28日(日)
場  所:諏訪湖博物館・赤彦記念館 1階ロビー
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休 館 日  :月曜日(祝日の場合はその翌日)
入 館 料  :大人350円(団体割引あり)、高校生以下無料

おまけ

ちなみに向山さん、岡谷市の桜並木、富士見町の立場川橋梁のジオラマも作成されています。諏訪市、茅野市のジオラマも計画中とのこと(原村は鉄道が通っていないため、残念ながら範囲外)。
すべて完成したらそれぞれのジオラマの線路をつなげて走らせる計画だそうですよ! 楽しみですね。

関連記事

諏訪湖の御神渡り(御渡り)今も息づく諏訪の自然信仰
諏訪湖の御神渡り(御渡り)今も息づく諏訪の自然信仰
毎年冬になると、諏訪地域では「諏訪湖に御神渡りができるか」が大きな関心を集めます。 ローカル新聞では連日、八劔神社による諏訪湖観察の様子が報道され、寒い日が続くと「今年は御神渡りできるかね」が人々の … 続きを読む

金箔製オルゴール「黄金のCHABACO」日本電産サンキョーオルゴール記念館すわのねで特別展示中。(下諏訪町)
金箔製オルゴール「黄金のCHABACO」日本電産サンキョーオルゴール記念館すわのねで特別展示中。(下諏訪町)
長野県下諏訪町にある日本最大のオルゴールメーカー「日本電産サンキョー株式会社」と、金製品の製造販売を行う「株式会社SGC」が、金色に輝くオルゴールを新発売。 その名も「黄金のCHABACO」(税 … 続きを読む

SPOT INFORMATION

諏訪湖博物館・赤彦記念館

諏訪湖のほとりに位置する下諏訪町立の博物館。
諏訪湖と共に暮らしてきた人々の生活の様子と周辺の遺跡から出土した土器・石器などを紹介する諏訪湖展示室、諏訪を代表するアララギ派の歌人・島木赤彦の生涯とその業績を紹介する赤彦展示室の2つの常設展示を行っています。

住所
〒393-0033 長野県諏訪郡下諏訪町10616-111
電話番号
0266-27-1627 
営業時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)

定休日
月曜日と祝祭日の翌日、年末年始
※臨時休館する場合がございます。お電話でお問い合わせください。
入館料
大人350円 (20名以上の団体:240円)
高校生以下無料
アクセス
●公共交通機関でお越しの場合
下諏訪駅から町営バス”あざみ号”で「高木方面」乗車
「諏訪湖博物館・赤彦記念館」バス停にて下車、徒歩1分

●お車でお越しの方
中央自動車道 諏訪I.C.から
「諏訪I.C.」信号を左折し県道487号線を諏訪湖方面へ進む
「上川大橋」信号を右折し湖岸通りを下諏訪町方面へ進む
「高浜」信号の手前250mを右折

長野自動車道 岡谷I.C.から
「岡谷I.C.」信号を左折
「20号バイパス入口信号」を左折し国道20号線を下諏訪町方面へ進む
「高浜」信号の250m先を右折
ホームページ
http://www.town.shimosuwa.lg.jp/
(下諏訪町公式サイト)
       

日付の近いイベント

       

このエリアの最新ニュース